【インナーチャイルドの癒し方②】 | 人間関係のストレスなどでお悩みなら福岡市のセラピー・ヒーリングサロンMaruruへ

新着情報

【インナーチャイルドの癒し方②】

2016/09/16

いつもご覧いただきありがとうございます♪

福岡市で活動しているヒーリングサロン 【マルル】

エネルギー・マスター・セラピストの水城友梨栄です。

 

9月9日、インナーチャイルドの癒し方①というタイトルで癒し方をほんの一部ご紹介しました。

具体的には『幼少期に周りの大人から言われたかった言葉を自分に声かけてみる』というものです。

 

言われたい言葉を声に出すことで自然と知らぬ間に心が癒されていきます。

 

ついつい第三者に言われたいと思ってしまいがちですが、自分で癒せるという事を知ると日常的にニュートラルな状態で毎日を過ごすことが出来るので自分が一番楽になれます。

 

さて、この言葉に出すという癒し方はもう一つありまして、前回のように『言われたい言葉・言われたかった言葉』を声に出す方法と『言いたい言葉』を声に出す方法です。

やり方は一緒ですが癒される部分が違います。

 

何気なく日常生活を送っていると気づきにくいですが、人はあらゆる物事を自分の尺度で判断、批判しています。声に出している方も中にはいらっしゃると思いますが、奥ゆかしい日本人気質は外国の方と比べると断然想いを声には出していません。

 

声には出さず飲み込み消化しようと努力してきたと思います。それが意識している、意識していない無意識に関わらず自分の気持ちを声に出さない方や場面が多いです。その時々で状況が違いますので全て想いをぶちまけてしまえ!と言っている訳ではありません。

 

言葉も選び選び発することもあるでしょうし、何も言わず飲み込む時もあるでしょう。

自分の考えにそぐわない方を批判したくなったり、我慢したり、従わせたかったり、心の中では常に言葉が浮かんでは消えて、浮かんでは消えていきます。

 

それはそれで大丈夫です( ´ ▽ ` )ノ今のままで大丈夫です!!

 

その後処理が大事なのです。消化不良のまま毎日を過ごしていると何かしらの歪みが生じます。それは人によっては病気だったり、人間関係のトラブルだったり、感情のコントロールの不調だったり、金銭トラブルだったり、様々なトラブルを引き起こします。

 

トラブルを防止する方法が『言いたい言葉を言ってしまう!』これです!!

 

えっ!?そんな言えないから悩んでいるのに...。

と思われた方、最後までお付き合いください。

 

何もその時、その場面で思っていることを言う必要は全くありません。

 

寝る前、布団の中で『あんな風に言えば良かった...』『こんなこと言ったらスッキリしたのに...』『こんな風に言ってやれば良かった!』と心の中でリフレインしているはずです。

その言葉を心の中で唱えるのではなく言葉に出す!出してしまうのです。

 

こうなれば良かったと思うシチュエーションを思い浮かべながら言葉に出します。

その時は声に出したからといって記憶が書き変わった感覚はないかもしれませんが、心の消化不良は解消されるのでぐっすり眠りにつけます。

 

意外と記憶がスリ替わって、その時の悔しい気持ちや悲しい気持ち、情けない気持ちが残らないんです。自己催眠に近いかもしれないですね。

 

本来、記憶を自分の都合のいいように書き換えるのは人間の能力なので自然にしている事ではあるのですが、それを活用して意図的に行うやり方です。

 

ただ必死になって行うものではないので軽い気持ちで行うのがポイントですよ~♪

 

そして、批判的な言葉を声に出すのに”ためらい”が伴うことがしばしばあると思います。それが誰も居ない部屋であっても、想像だとしても、言えない。ありえない。

 

その”ありえない言葉”が自分を癒すカギになるのですがそれは一旦置いておいて、言えるようになるためのアドバイスとして、言葉を吐露した後に『ありがとうございます』と3回唱えてみてください。感謝の言葉で締めくくるだけで大丈夫┗(`・∀´・)┛

 

さぁ!今日一日のストレスをぶちまけてしまいましょう。

そして感謝の気持ちのままぐっすり眠りましょう。

一覧へ戻る

mailform

Information

Maruru(マルル)
〒811-1311
福岡県福岡市南区横手2-18-5
ピアクレスト井尻「ピアクレストひまわり館」レンタルルーム

福岡市のヒーリングサロンMaruruでは人間関係などでお悩みの方の心のメンテナンスを行っております。独自のEMセラピーであなたの心の奥底からケアいたします。

  • TEL:090-8830-7557
  • mailform

pagetop